現在位置: ホーム 私たちについて

私たちについて

ガイガーカウンタープロジェクトの設立の背景 これまでの活動

「必要な物」を「必要な分」「必要とする被災地」へ--これは「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の基本理念です。

今回の東日本大震災は地震、津波及び原発事故の複合災害でした。

通常の震災であれば、被害が終わった時点で「復興の足がかり」ができていきます。

ところが、今、福島県を中心に東日本で起こっていることはまさに原発震災による「放射能汚染」でした。

したがって、復興支援の前段階として、まず「放射線量がどの程度あるのか」を知らなければならないと私たちは考えました。

同時に特に福島県内に住んでいる住民自身からも「臭いも色もない放射性物質からの被曝を何とか減らす方法はないか」

「自分たちの身の周りの放射線量を計測したい」というニーズが高まってまいりました。

そこで、被災地にお住まいの方にガイガーカウンターをお貸しし、正しい測定方法をお伝えすることとあわせて、客観的に測定を行ってもらいたい、そして、ご自身で判断していただく情報を提供したいという思いで始まったのが、ガイガーカウンタープロジェクト(Geiger Counter Project)です。

 

・プロジェクトメンバー 福島県在住および全国の有志(参加者 随時募集中)

・活動内容について

5月末 立ち上げ(福島県 郡山市にて第1回ミーティング)

6月~ 測定にかかわる勉強会・測定実習

6月~ 運用にかかわる準備全般

など