現在位置: ホーム コンセプト

ポリシー

ガイガーカウンタープロジェクトは用意した簡易の線量計を無償でお使いいただき、自宅の屋内や周辺、毎日通る道、お子様の遊び場など、公的機関による測定の対象から外れる場所もご自身で測定し、現状の把握や対策に役立てていただきたいという思いで立ち上がったプロジェクトです。

私たちはこのプロジェクトを行うに当たって次の様なルールを決めています。

私たちは判断を押し付けません

震災から5カ月近くが経ちましたが、その間、現地の皆様は見えない放射線と闘いながら情報を集め、様々な個人の事情を考慮して決断を下されたことと思います。私たちは皆様自身が考えて判断する必要があると考えていますし、その判断を尊重したいと思っています。
私たちは皆様の線量測定のお手伝いをいたしますが、その結果"避難すべきである"、"とどまるべきである"といった判断を押し付けません。


私たちは簡易線量計での測定に関するできるだけ正しい情報の提供を心がけます

簡易線量計は取扱上の注意点が多く、ただスイッチを入れて測るだけでは正確な値を得ることができません。また、お貸しできる線量計の性能も厳密な測定に向いたものとは言えません 。しかし、このような測定器でも校正という作業を通して正確性を高め、正しい手順で測定することで、目安となる数値を得ることができます。当プロジェク トでは、このようなできるだけ良い測定を行うお手伝いをし、限界を把握した上でその測定値を利用していただきたいと考えています。
また、(少なく とも当初は)私たち独自での放射線量マップの作成はいたしません。より高性能な機器があれば線量マップの作成は可能ですし、提供する機器も校正により精度を高めて使ってはいますが、機器の精度の限界を考慮して、不正確な情報になる恐れがある間は作らないという選択をしました(利用者の方が提供機器を使って作られるのは自由です。しかし、精度の限界を知った上でご利用ください)。

皆様の安心のため、あるいは判断のため、お役にたてるようでしたら是非ご利用ください。

(良くある質問の「自分で測定する意味は何ですか」も御覧ください。)

 

Next >