現在位置: ホーム よくあるご質問 測定について 自分で測定する意味はなんですか?

自分で測定する意味はなんですか?

放射線防護の大原則にALARAというものがあります。これは"As Low As Reasonably Achievable"の頭文字をとったもので、意訳すると「合理的に達成できる範囲で放射線被ばくをできるだけ低く抑えるべきである」となります。これを実現するためには、まず自分の置かれた状況をできるだけ正確に把握し、それに応じた対策をとる(線量の高い場所をできるだけ避ける・避難する・除染する)ことが必要です。この「自分の置かれた状況を実感をもってできるだけ正確に把握」するために自分で測定を行う意味があります。

 

(状態を把握するために)

福島県内においては行政機関や学校を中心にすでに多くの地点での線量測定が行われています。しかし、放射性物質の散らばり具合にはもともとムラがあり、さらに水の流れ等により部分的に濃い場所や薄い場所ができることも知られています。そのため、場所がわずかに変わるだけで放射線量も異なり、近所の測定点の測定値をそのまま自宅に適用するのは難しい面があります。まだ行政機関による全戸の個別測定は行われていないため、未調査の家屋では自宅の玄関先や室内の放射線量を測ったり、軒下や植え込みに放射性物質が集まっていないかの確認は自分で行う必要があります。時間の経過とともに状態が変化していることも考えられるので、以前の調査から長時間が経過している場合には再度測定することも有効です(「測定結果をどのように判断すればよいでしょうか?」も御覧ください)。

また、人の往来のある場所についてはかなり綿密な測定が行われている地域でも裏山など、あまり人の往来の無い場所の測定はされておらず、自分で測定することが必要になります。基本は「自分が測りたい場所を自分で測る」ためにご利用いただければとプロジェクトでは考えています。

 

(対策のために)

福島県内では徐々に除染活動が始まっています。詳しく記述されている南相馬市の作成したマニュアルには(敷地内の)「除染前測定(汚染マップの作成)」が必要であると書かれています。これらの用途に当プロジェクトの用意する線量計を活用されても良いかと思います。線量計の購入費用を節約し、除染に必要な機材や安全対策品の購入にあててください。

 

(実感するために)
放射線対策で最も怖いのは「慣れてしまうこと」です。これまで自分で測定をされたことの無い方は一度線量計を手にして「目に見えないけれどそこにある」ことを実感されてください。どこがどれぐらいの放射線量であるかを実感していただければ行動の見直しによって被曝線量を減らすことができるかもしれません。

また逆に、自分の家の放射線量が思ったより少なければ少しだけ安心する要素になるかもしれません。